脳科学の進歩で明かされる

テレビなどで「脳科学」が話題となり、書籍など

も数多く出版されています。

未知のベールに包まれていた脳の仕組みが明らか

になりつつあります。

 

これまでの学問では「心理学」がありました。

心理学は膨大な数の被験者による実験結果を基に

導き出された “人の考え方や行動パターン” です。

 

脳科学では脳のどの部分の働きによるものなのか、

そのときにどんな電気信号や物質が放出される

かをデータによって考え方や行動パターンを明ら

かにしたものです。

脳科学

 

 

脳の特長を知れば、悩みや心配事も減る

脳科学や心理学によって、脳の特長が明らかにな

っています。

脳の最大の役割は生命維持のコントロールです。

ですから “自分自身を守る” ための考え方や行動に

なります。

 

まず知っておいていただきたいのは、脳の思考の

7割以上が「ネガティブ」だということです。

常にリスクに備えることを最優先します。

ネガティブ

経済的な心配、対人的な悩み、将来に対する不安

など、無意識にこれらのことが頭をよぎります。

例えば、見知らぬ人が目の前に現れたときに無条

件に笑顔になれる人は少ないと思います。ほとん

どの場合は自然に警戒態勢をとるのではないでし

ょうか。

 

実は「心配」「悩み」「不安」は、考えても答え

が得られないのが大半なんです。しかし脳はリス

ク回避をしようと必死に思考しているのです。

 

 

ストレスの中身

現代はストレス社会ともいわれています。

ストレスは自覚しているものと、自覚していない

ものとに大別されます。自覚しているものでは、

「思いどおりにならない」「想定外の出来事」

「環境の変化」などがあります。

 

ストレスをなくすことは現実的に不可能です。

しかし思考次第で軽減することは十分に可能

す。

もともとストレスは、自分自身の考えによって

現れます。ですから、考え方ひとつでストレス

量はコントロールできるということです。

 

健康や美しさのカギを握っているのは、自律神

です。自律神経のバランスを整えることで、

結果として健康や美しさを手に入れることがで

きます。

健康,美肌

この自律神経のバランスを崩す最大の原因が

トレスです。ストレスを半分に減らすだけで、

望む健康や見違えるような美肌を手に入れるこ

とができるようになります。

 

 

思考コントロールが健康と美をもたらす

たびたび不快な症状に見舞われたり、肌荒れやシ

ミ、タルミは老化のせいだと思い込んでいません

か。

これはメディアによる “刷り込まれた常識” です。

確かに臓器や器官は使われるほどに劣化しますし、

体内成分の活性化は衰えてきます。

思考,コントロール

しかし、人間の器官や組織の寿命は120年です。

理想的な状態を維持できたならば、100歳までは

誰もが健康で美しさを維持できるはずです。

 

それを阻害している最大の要因が自律神経の乱れ

です。自律神経はとても繊細にできているため、

生活習慣の乱れでも敏感に反応します。

でもそれよりも大きな影響を及ぼしているのが、

ストレスなんです。

 

ストレスは考え方次第でコントロールが可能です。

増やすのも減らすのも、考え方が握っています。

「心配」「悩み」「不安」が頭に浮かぶのは、脳

科学からすれば当たり前です。

 

これらの考えをどのように変えていくかで、スト

レス量が変わり、健康と美しさに影響するのです。

 

健康と美

まとめ

・脳科学により、脳が行う思考が明らかになってきた

・脳の思考の特長を知る

・「心配」「悩み」「不安」は脳が勝手にやっていること

・ストレスは自分自身がつくり出している

・考え方を変えればストレスは減る

・ストレスが減ることで自律神経のバランスは整う

・自律神経を平穏な状態にすれば、健康と美は手に入れられる

・人間の器官や細胞の寿命は120年

・縮めているのはストレス

・思考コントロールが健康と美をもたらしてくれる

 

脳科学によって健康になる。

もっと詳しく知りたい方は下記を参考にしてみてください。