脳は3大脳内物質でコントロールされている

恋愛,脳内物質,ドーパミン

今回は、脳科学の観点から恋愛について見てみま

しょう。

 

恋愛を成功させるための方法の記事がたくさんあ

ります。

こうすればいい、ああすればいいという内容です。

多くは確率的な問題です。

これらの恋愛成功法にも、脳科学で証明できるも

のもあります。

 

それが「脳内物質」です。

脳内には「ドーパミン」「ノルアドレナリン」

「セロトニン」と呼ばれる3大ホルモンがありま

す。

 

ドーパミンは「快感」「快楽」、ノルアドレナ

リンは「ストレスに対する防御」、そしてセロトニン

「幸福感」をもたらしてくれます。

恋をしているときには、これらの物質が脳内で働

いているのです。

とくに誰かを好きになった段階ではドーパミンが

大量に放出されています。

 

 

ドーパミンは快楽ホルモン

①快楽を求める麻薬的作用のドーパミン

人間はつねに「快楽」を求めています。地位、名

誉、お金、美貌などです。

快楽以外にも、意欲ヤル気をもたらしてくれま

す。

 

しかしドーパミンが過剰に出すぎると「依存症」

になることもあります。

アルコール、ニコチン、ギャンブル、買い物、薬

などがそうです。

 

異性に恋愛感情を持つと、このドーパミンが放出

されます。

ドーパミンの大量放出によって冷静な判断ができ

なくなることもあります。「恋は盲目」なんて言

葉もこの現象によるものです。

恋愛,快楽,依存症,ドーパミン

ドーパミンは快楽を求めるホルモンですから、ひ

とたび恋愛感情を抱くと、また会いたいという強

い願望を抱くようになります。

 

 

ノルアドレナリンは怒りのホルモン

②ノルアドレナリンはストレスに対する防御シス

テム

日常生活のなかでストレスを感じることは多いと

思います。

 

脳のなかで作りあげた常識やルールから外れたも

のや、想定外の負の出来事に対して抱くのがスト

レスです。

ストレスとともに「危険」についても察知します。

 

このようなストレスや危険を察知すると臨戦態勢

をとるのがノルアドレナリンです。

いざという時に身を守ってくれている大切なホル

モンなのですが、過剰に放出されると「怒り」

生み出します。

恋愛,ノルアドレナリン,怒り

別名「怒りのホルモン」と呼ばれ、うつ病やパニ

ック障害、対人恐怖症などの原因ともなります。

 

 

セロトニンが幸福感をもたらす

③精神的な安定をもたらすセロトニン

セロトニンは穏やかな精神状態にして「幸福感」

をもたらしてくれます。

別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

恋愛,幸福感,セロトニン

そしてもうひとつ重要な働きがあります。

ドーパミンとノルアドレナリンの暴走をコントロ

ールする役割です。

ドーパミンやノルアドレナリンは私たちのために

働く一方で、過剰になり過ぎることで、「依存症」

「怒り」に発展する欠点があります。

 

これらをバランスよくコントロールしてくれるの

がセロトニンです。

ですからセロトニンが分泌していない状態では、

精神状態や健康を害することになってしまうのです。

 

 

幸福な恋愛は腸内細菌が運んでくれる

異性を好きになって夢中になることも、些細なこ

とでケンカになることも、脳のホルモンによるも

のだということがわかったと思います。

 

脳科学的に大切なことは、セロトニンの放出さえ

保っていれば、幸せな恋愛ができるということで

す。

恋愛,幸福,セロトニン,腸内細菌

自分の意思でセロトニンを放出することはできま

せんが、セロトニンをつくってくれているのは

内細菌です。

腸内環境を整えておけばセロトニンは放出されま

す。

 

こうした喜怒哀楽も人生にとってはスパイスとし

て刺激があっていいのかも知れませんが、「脳ま

かせ」にするばかりでなく、脳をコントロール

ることで、もっと幸福な恋愛ができるということ

を知っていただきたいと思っています。

 

次回は脳と恋愛についての “知恵袋” についてお話

しします。




横山建の『真・好意5段階別恋愛攻略』マスター塾 WL-A100



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法