美容成分が美肌に良いのは全部ウソ

これまでにもお話ししてきましたとおり、コラー

ゲンやプラセンタをはじめとする美容成分を肌に

塗っても、成分が細胞の重要な部分である「真皮」

に届くことはありません

美肌

もともと人間の皮膚の構造はウイルスなどの侵入

を防ぐためにバリア構造をしています。

ですから肌細胞の奥深くまで浸透するなんて、あ

り得ない話なんです。

 

そんな高価な化粧品を使うくらいなら、他のこと

に使った方がよっぽどマシなんです。

だって、効果があるはずがないんですから。

 

美肌を維持するためには唯一「保湿」だけです。

美肌成分を肌細胞に取り込むことはできませんが、

保湿によって肌の表面細胞を潤わすことはできま

す。

 

今回はこの「保湿」をテーマにお話ししてまいり

ます。

保湿についての知識や、勘違いしていることなど

を知り、効果的な保湿で美肌の維持をしていただ

きたいと思います。

 

 

美肌は皮膚常在菌が作ってくれている

皮膚の構造についてお話しします。

皮膚はウイルスなどからの侵入を防ぐための防御

機構を持っています。

 

この防御機構は手洗いや風呂などによって洗い流

されてしまいます

しかも元どおりに修復されるまでに24時間もかか

ります。

 

つまり、現代人はつねに防御機構のない状態にさ

らされているということです。

これはテレビCMやメディアなどによって「菌=バ

イ菌」と刷り込まれ、手洗いなどによって清潔に

保つことが正しいと思い込んでいるからです。

花粉症の人が増えた原因もそこにあります。

 

タモリさんがお昼の番組を30年いじょうも毎日続

けられたのは、健康だったからです。

タモリさんは入浴時に身体を洗わないことで有名

です。

 

この入浴法は医学的にも理にかなった方法です。

肌に存在する常在菌は「美肌効果」を持っています

酸性の膜を作って外界の汚れやアレルゲンから肌を

守る働きをしています。石鹸で洗うと90%の常在菌

が失われてしまうのです。

美容,洗顔

このように美肌を作ってくれている皮膚常在菌をみす

みす洗い流してしまっているということです。

 

 

皮膚常在菌を保つ洗顔が大切

美容,皮膚常在菌

皮膚常在菌というと、肌の表面に菌が生息してい

ることになりますから、洗い流す必要があると思

いがちです。

これがそもそもの間違いですし、商品を販売する

側によって巧みに誘導された誤解なんです。

 

私たちの身体は生まれたときから常在菌と共生共

しています。

そして私たちの身体を守ってくれているのも常在

です。

このサイトでもたびたび触れてきた腸内細菌も常

在菌です。

 

腸内細菌でも皮膚常在菌でもそうですが、普段は

私たちの身体のために働いてくれています。

しかし、ストレス自律神経の乱れホルモンバ

ランス異常によって、これらの菌が悪さをするこ

とになるのです。

 

肌の常在菌に限って言えば、美しい美肌づくり

ために働き、カビ花粉病原菌の侵入を防いで

くれています。

だからといって、まったく洗わないというのは抵

抗があると思います。

ですから、刺激の強い洗顔剤の使用、過度な回数

の洗顔、擦りすぎ洗顔などを避けることが大切で

す。

 

 

皮膚常在菌を意識したエイジングケア

これまでエイジングケアをする際に、皮膚常在菌

のことなんてあまり考えたことはなかったかも知

れません。

ではどんなことに注意したらいいかをお話ししま

す。

美容,美肌,エイジングケア

大切なのは3点です。

不規則な生活をしない、過度なメイクを避ける、

正しい化粧品を使う、です。

 

不規則な生活はストレスや自律神経の乱れ、ホルモ

ンバランスの崩れの原因となります。

過度なメイクは、強いクレンジングが必要になった

り、ダブル洗顔をすることで皮膚常在菌が洗い流さ

れてしまいます。

エイジングケア化粧品による保湿は、表皮常在菌の

バランスを保つ上で大切です。しかしながら、油溶

性成分を過度に使うこと、強い防腐剤が配合された

化粧品を使うことなどは、表皮常在菌のバランスを

崩すリスクとなります。

 

以上の3点に注意することで、美肌は保つことができます。

アスタリフト ホワイト守りと攻めの美白トライアル780円+税









POLA インナーロック