ほとんどの管理職は、育成スキルを持たない管理者

会社の悩み,管理職

会社に入社して昇進することをひとつの目標に掲

げる人は少なくないと思います。

いわゆる “管理職” という職種です。

 

仕事自体の内容よりも、部下を持つことの「優越

感」による自尊心を満たすことが目的なのではな

いでしょうか。

 

でもよく考えてみてください。わずかながらの昇

給で “責任” という重圧を押し付けられるわけです。

人に教える、育成するということは並大抵のこと

ではありません。

 

管理職のなりたての方であれば、そんなスキルが

あるはずもないのです。

安易に「部下を持つ」ことは、多大なストレス

抱えることに他なりません。

 

精神的なダメージによって、健康が害される可能

性も高まります。

今回は、「管理職とは何か」「部下の育て方」

ついてお話ししてまいりたいと思います。

 

 

正しくは「管理職」ではなく「マネージャー」

仕事の悩み,マネージャー

日本では「管理職」という表現が当たり前になっ

ています。

そのまま直訳すれば、「管理する役目」というこ

とになります。

 

このこと自体が大きな間違いなんです。そのこと

に気づいている人ならいいのですが、直訳通りに

職務を全うしている人が多いのです。

 

何を管理するのか?

会社の規模や役職の内容によって違いはあります

が、共通しているのは “人の育成”“まとめ役

ということになります。

 

ここで大きな勘違いがあります。

「人を管理する」ことです。

人の脳は管理されることを嫌うようにできていま

す。

管理しようとすればするほど、部下には嫌われる

ということなんです。

 

ですから、正しくは「管理職」ではなく「マネー

ジャー」なんです。

マネージャーのやるべきことは、人が気持ちよく

働ける環境をつくることなんです。

 

これが実践できているのは、芸能界やスポーツ界

です。

舞台で主役を演じるのは一般社員です。その方々

仕事がやりやすい環境をつくり相談にのり

方向性を示すのが、マネージャーの役割です。

 

 

無能な上司のいる会社では、人生にプラスにならない

仕事の悩み,無能な上司

管理職というと、どうしても上から目線で指示を

出すイメージになってしまいます。

脳の特長のひとつに、「人の意見や指摘に素直に

聞き入れることはない」というものがあります。

 

部下がミスをしたとき、成績が上がらないとき、

モチベーションが低いときなどに説教じみたこと

をする上司がいます。

 

これはもう最悪です。脳科学的に言えば、「素直

に受け入れるはずがない」「余計にやる気をなく

す」「遺恨を残す」などの結果になるだけです。

 

神妙に聞いているようで、心の中では反発するか、

聞き流しているだけなんです。

上司の自己満足でしかありません。

 

ですから、本来やるべきことは「気づかせる」

となんです。

脳は他人からの指摘は素直に受け入れません。

が受け入れない行動には成果はありません

 

脳は “自分自身で気づかない限り受け入れない”

いうことなんです。

優秀なマネージャーは、問題点を指摘するのでは

なく、問題点に気づくように諭すことをします。

 

結果的に部下は納得して行動しますので成果に結

びつきやすいですし、失敗に気づけたことで成長

することもできます。

 

しかし現実には、罵声を浴びせて自尊心を傷つけ

ような発言をする上司もいます。

一方で何の指標も示さず、事なかれ主義のような

人もいます。

このような人材こそ会社にとって不利益なんです。

それに気づけない経営者のいる会社は、人生にと

ってプラスになることは望めません

 

 

人の成長は、「失敗」することしかない

仕事の悩み,失敗,成長,成果

次に「人の育て方」についてです。

基本は自分の子供を育てることと、まったく同じ

です。

世の中の9割以上の人が正しいスキルを実践して

いません。

 

親は「間違った道を行って、遠回りしないように」

あれこれ口を出します。

それが親の愛情だから当然だと思い込んでいます。

 

ても脳は「失敗」からしか学べないようにできて

います。

「失敗の経験」によって成長します。ですから、

失敗の経験が多いほど、素晴らしい人間に成長す

ようにできています。

 

そのことはなんとなくわかっていても、失敗させ

ないように、あれはダメ、これはダメ、ああしろ、

こうしろと命令口調になってしまうのです。

これと同じことを部下に対してもやってしまって

いる上司が大多数ではないでしょうか。

 

偉大な発明家出あるエジソンは、膨大な数の失敗

を繰り返して「電球」を発明しました。

しかしエジソンは「私は何ひとつ失敗はしていな

い、上手くいかない方法を途方もないくらい知っ

ているだけ」と答えています。

 

現代の会社は「効率」を重視する風潮があります。

短期間で成果につなげるための仕組みがもてはや

されています。

 

しかしその反動で「創造性」が失われています。

人を育ているということは、「気づかせる」こと

です。失敗したことを指摘するのではなく、褒め

てあげることです。

 

そして有能な上司は「我慢」できる人なんです。

人が育つことが、結果としてチームも会社も潤う

ことになるのです。